life in poverty

貧困の地域に暮らす人々の生活は、子供達の健康状態にも影響を及ぼします。

???????????????????????????????

写真は、皮膚症状のある乳児。
アレルギー反応?とはちょっと違いそうです…。
感染症?とも違う?

新生児の湿疹とも違います。

しばらく???と考えていたのですが、こそこそと話をしているのを聞きつけると…

「やっぱりアスベストを使っているなんて言ったら、怒られるよね…」
???

???????????????????????????????

これがその子の住んでいる家です。
オレンジ色の「防水布」が、アスベストなのだそうです。
ゴミで棄てられているものを拾ってきて、建材につかっているのだとか。
これに直接接している場所での生活だったようです。

おそらく、そうしたアスベスト繊維が、飛散して、子供の頭に引っかかったものが炎症を起こしていたのだと考えられます。

その後、アスベストを使用した家屋を建て直し、竹で壁を作ったこともあり、赤ちゃんの状態は改善してきているようです。
竹壁の外側にはまだ、アスベスト布をそのまま使っている(!)ようですが。

生活の中で、何が優先されるものなのか、
とりあえず、生きていくことができるなら、とりあえず雨風がしのげるものなら、
そのままで暮らしているのを目にすると、
もう少し先を考えられない環境に生きている、ということの厳しさを思い知らされます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です