フィリピンの貧困における子供の状態から親子関係のありかたを考えました。

 

 

フィリピンに生きる子供たちから、親子の関係性について、教わりました。

色々な子供たちが、現地で生活しています。日本のような皆保険制度があるわけではありませんので、医療に手が届くためにはそれなりの経済力が必要になります。

貧困にあれば、子供達の病気は、そのままになります。何もできないことを「お金が無いから」と済ませてしまう…そのような中で、医療が届かないながらも、子供たちの状態はそれぞれでした。

画像

ひとりは、口唇口蓋裂を持った子でした。
軽症の(つまり裂が狭い)ばあいは、直接母乳を繰り返しているうちに、上手に飲めるようになることが多いそうですが、この子の場合は、裂が割と大きかったようで、ミルクと一緒に空気を呑みます。空気が入ると、どうしてもおおきなげっぷをして、それとともに大量にミルクを吐いてしまいます。どうしても栄養が足りなくなりがちなので、冨田さんのクリニックから、ミルクの支援が入っています。

画像
もうひとり…と言いながら、ここは二人なのですが。
たらいに入った子たちの写真です。二人とも、栄養状態がやや悪いくらいで、大きな病気はありません。が、この子たちは、おばあさんにしがみついていて、引き離して抱っこすると、大泣きをします。
おばあさんは、割と喜んで子供を他人にもだっこさせるのですが…。

画像

 

そして三人目。
「天使のような」パトリック君。彼には、安定してケアしてくれる人がいません。道行く人、誰にでも、最高の笑顔を見せます。
実は、高度な先天性心疾患で、血中酸素飽和度は80%を切っている状態なのです。まるで、頭から金魚鉢をかぶっているような息苦しさが常態となっているのですが、そのようなしんどさは見せません。

フィリピンを訪問して、この三組の親子は、あるエリアの徒歩圏内にいました。
そのエリアは、基本的には貧困の人々が集まっている所でしたが、その中でも親子(直接の親子である必要はありません。子供の面倒を丁寧に見てくれる親代わりの存在を、とりあえず「親」と書いています)の関係性の差として見ることが出来ると強く感じました。

ひとり目は、とても安定した関係。子供には多少の健康問題がありますから、いずれはなんとかしてゆきたいですが、丁寧にケアされていて、落ち着いています。だから、抱っこされても泣きわめかないで、ニコニコしていました。そういう意味ではあまり心配の無い子です。どこかで口唇口蓋裂の修正の手術が受けられたら…という子です。
二人目は、「頼れる親代わりがひとりしかいないけれども、そこにしがみついていないと忘れられてしまう」という緊張が続いている関係性です。親は働きに出ているので、通常は祖母にあたる方が面倒をみているのですが、子供が静かにしていると、忘れられてしまう、という不安が常に付きまとっている状態です。なので、引き離されると、大泣きします。
三人目は、「頼れる親代わりが居ない」という緊張の中に生きている子です。
ここの親も働きに出ていますので、平日は居ません。しかも、普段の面倒を見ている方は、お母さんと血縁の無い「おばあちゃん」です。
そうすると、ともかく、出会った人との瞬間瞬間に、その出会った人からケアを引き出さねばなりません。なので、常に笑顔なのです。だれが抱っこしても、ニコニコしています。
この子は、ともかく身体がしんどい状態だと想像されるのですが、そのしんどさを表に出して来たら、生きてゆくことができない、という厳しさの中に生きているのだ、と感じるような状態でした。

親子関係の、両極が、見た目は同じように見える。他人に笑顔ができる状態、他人に笑顔を向ける状態というのは、実は二種類あるのだ、ということに、頭を殴られたような衝撃を受けたのでした。

今年の冨田さんの講演会では、そうしたことについてもお話して頂こうと考えています。

 

あけましておめでとうございます

2014年あけましておめでとうございます

昨年は冨田江里子さんの講演会に多数おこしくださいましてありがとうございました。

今年も7月6日(日曜日)、大阪産業創造館のイベントホールをお借りして、講演会を行なう予定としております。半年お休みしていましたこのサイトでも少しずつ告知をしてゆきます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

カンパ御礼

講演会のご参加ありがとうございました。
当日のカンパ箱を整理いたしましたら、

¥191,081円のカンパを頂戴いたしました。

熱いメッセージも沢山頂戴し、大変有り難く存じます。

早速、CFPの口座に振り込みました。
領収書の画像です。
receipt

(振込氏名と郵便局名は画像処理しております)

みなさま、ご協力ありがとうございました。

明日開催!

いろいろ不思議なご縁を頂いて始まった講演会の企画も、とうとう明日開催です。
びっくりするようなご縁のつながりで、本当にいろいろな方に来て頂ける予定となりました。
また、当日の記録ということで、冨田さん、倉本さんのフィリピンでの活動を記録しておられる日本映像通信社の梅田さんが入ってくださることになりました。講演会の様子を録画してくださる予定です。
ほとんど、冨田さんの講演を撮影していただくのが中心になりますが、いらしてくださる方のなかで「ビデオに映ってしまうと具合が悪い」方がいらっしゃいましたら、スタッフにお声かけくださいますようお願い申し上げます。同様のことを当日にもアナウンスいたします。

皆様と会場でお目にかかることを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願い致します。

interview

活動報告書にあわせて
CFP(貧しい母子のための診療所)通信「ぶつぶつ」緊急乗っ取り号!
という報告書がありました。

江里子さんのお嬢さんたちが、支援者へのメッセージということで、作ったリーフレットです。

その中に、インタビューがありました。お嬢さんたちが、お母さんの活動についてインタビューする、という形になっています。

 

—貧しい母子のための診療所を続けて13年目なるわけですが、これほど長い活動が続けられていること、その秘訣を教えてください。

秘訣と言われても…。ただ病気で困っている人が目の前にいて、何もしないと死んでいくケースとか、手を出さないと治らないことが分かっているので、少しでもできることがあるならやろうと…。でも、自分の力が及ばないことがあるからネットや講演会なんかで”大変だ!困ったぞ!みんな助けて!”って言い回っていろんな人を巻き込んできた結果の今があるだけだからなぁ…。いろんな人が支えてくれているから、今も活動が続いている。ありがたいことだよね。

—では、貧しい母子のための診療所の活動について、今現在の段階で困っていることや不足しているものはありますか?

困っていること?お産部屋が足りないことと、雨漏りがひどいことかな。これは建物の建て替えが必要な話だから、ちょっとハードルが高すぎる。我慢するしかないよね。あと医薬品は常に不足しているし、予算も足りないけど、一番困っていることは私の時間の使い方。患者に時間がとられて支援者の方にお礼や報告ができていない…

—貧しい母子のための診療所にはたくさんの支援物資が届きますが、うれしい支援物資のベスト3は何ですか?

そりゃ、一番は医薬品です。抗生物質や局麻、子宮収縮剤なんかが届くと、天からの救いの手に見えることもあるわ。2番目はバスタオルとか大きめのリネン類かな。赤ちゃんを保温したり、保護するのに最適だからね。3番目は販売できるもの。日本の雑貨というだけで買ってくれる人がいるし、この売り上げが運営予算になるわけだから。でも基本は何だってうれしいよ。送料負担で送ってくれるんだから、感謝の気持ちでいっぱいです。

—では最後に、貧しい母子のための診療所の今後について、どんな活動を展開したいですか?

そうねぇ、”貧しい母子のための診療所”は私が最前線にいるだけで、実はいろんな人たちが関わることで成り立っている活動なのよ。情報を集めて知らせてくれる人、支援物資を送ってくれる人、知恵や技術を教えてくれる人、ブログや会報を人に勧めて広報してくれる人、もちろん現場で手伝いをしてくれる人、数えきれないぐらい大勢の人が参加してくれることで成り立ってます。だから、今後もいろんな人の気持ちややる気が集まって、誰でも何かの形で参加できるように活動の形を作れたらと思います。そのためには、もっと頑張らないとね。

様々な方法でお手伝いができる、そのような場所です。まずは知ること、知ってもらうことから始めたい。なので、講演会を開きます。
7月3日です。
今回、参加が難しかった方も、まだまだ日本中で講演会があります。
よろしければ、お運びくださいますようお願い申し上げます。

また、書籍『フィリピンの小さな産院から』も好評発売中です。お手にとって頂けましたら幸いです。

満員御礼!?

大変有り難いことに、本日お申し込み頂いた方で、定員に達しました。

当初のお申し込みがかなりゆっくりでしたので、ひょっとすると会場に閑古鳥が鳴くのではないかと心配しておりましたが、皆様のお蔭をもちまして、満員御礼を申し上げることになりそうです。

ただ、当日までの急な御用などで、どうしてもいらっしゃれなくなる、などの方があるかも知れない、と存じます。以後のお申し込みにつきましては、キャンセル待ちの対応とさせて頂きます。

皆様、どうもありがとうございます。

そして、お申し込み頂いた方々には、当日会場でお目にかかることを楽しみにしております。

2012-report-2

冨田さんのクリニックの年間報告書の中から、一部抜粋してお伝えします。
当日講演会にいらっしゃる方には、この報告書もお渡しできる予定です。

終わりに
当診療所は医療施設とは言い難いものです。しかし何もないからこそ、皆様から支援して頂いたものが効果的に生かせるように、多くの人にその支援が届くようにしたいと活動を続けています。貧困の人々はお金がないから病院へ行けないと諦め、自分から訴える術を持たず我慢していることが多々あります。(我慢させられている多くは訴えの少ない子供・赤ちゃんたちです)我慢するがゆえに治癒の時期を逃し、慢性化したり生命を失ったりもします。それも含め運命というのかもしれませんが、その人と出会いがあって、私にできることがあるならやりたいと思います。巡回に出ると周囲の人が「あそこに病人がいる、痩せている子がいる」と教えてくれます。その子供たちが元気になり、笑顔になっているのを見ると、どうやればこれを続けていけるのか?これを広げていけるのか?を考えます。いまだに目の前の患者やお産に追われ、その明確な答えは見えていません。関われば確実に変わる。治るのか、楽になるのか、結果の種類は色々です。でも、苦しみの現状からは多少なりとも緩むことができるように感じています。

反対にここの人たちの生命力の強さや伝統医療の効果なども、度々ここでは感じることができます。同じ人間でありながら、違う強さを持った人々。彼らから学ぶことが私はたくさんあります。これをどうシェアすることができるのか?やはりまずお伝えすることだろうと思い、長くなりましたがいくつかの経験を書かせていただきました。自然なものの力、それは私自身がすでに失っている力だから余計興味深いのかもしれません。

毎回、報告書が遅れること、これ以外のお礼が今年度一切申し上げられていないこと、本当にすいません。ここで患者さんや回復する子供たちと関われること、本当に皆様のご支援のおかげです。
心より深く感謝申し上げます。

2012-report-1

毎年、活動報告書を書いておられる冨田さん。
昨年度の年間活動報告書が手許に届きました。

具体的な報告書については、講演会にいらっしゃった方にはお渡しすることになりますが、冒頭から少し引用いたします。

診療から

この国の医療は貧困層にとってはわずかな財産をなくす機会と言えます。そのため医療に依存しない暮らしの実現のために、貧困の人々が日々自己管理し健康を保つことを目指さなければならないと考えています。しかし健康法や自己管理法の伝達よりも、日々多彩な患者のケアに追われる日々が今年も多くなりました。それでもケアと共に伝えた自己管理方法や生活改善を実践した患者にはいい結果が出ており、それらの患者が新たな患者を連れてくる形が今年度も続きました。小児の患者は初期の咳や咽頭炎から、何日も放置された肺炎・下痢などの重傷から、長期に患っている皮膚疾患。どの患者にも支援物資で寄せられたお薬が大いに役立ちました。皮膚病も食事改善がなければ、ぶり返すものも多くあり、化学調味料ばかりの食事改善がないため治癒の難しさも目立ちました。搬送が必要なケースは1週間に多い時は数人いた昨年度に比べると減少しました。(ここでどの程度の治療ができるかが周知されつつあるように感じます)スタッフの最初の聞き取りで、患者の転送が早くにできるようになってきたことが後押しになっています。遠方患者はできる限り自分の地域で漢方治療が継続できるように漢方薬の購入場所(マニラもしくは地方のお店)・家族ができるケアの方法を紹介しています。食事治療に合わせて、自分で行なえる爪モミ療法やマッサージ・深呼吸・半断食などの方法を待合にも掲示しできる限り、多くの患者さんに結果が出せるように、また誰かに治してもらうのではなく、自分で気づき治す努力、自身か家族でできるケアを多く提案し続けています。

videos

http://www.mobacha.net/vjjapan.html

フィリピンでの冨田さん、倉本さんの活動を記録してくださっている方があるようです。
日本映像通信株式会社、というページに、現地で撮影したビデオを編集して一部見られるようになっています。

冨田さんが帰国されてからそろそろ2週間ですが、本当にあちこちで講演を続けておられます。

大阪だけではありませんので、ご縁のある方は是非、お近くのお話会にご参加をお薦めいたします。