2012-report-2

冨田さんのクリニックの年間報告書の中から、一部抜粋してお伝えします。
当日講演会にいらっしゃる方には、この報告書もお渡しできる予定です。

終わりに
当診療所は医療施設とは言い難いものです。しかし何もないからこそ、皆様から支援して頂いたものが効果的に生かせるように、多くの人にその支援が届くようにしたいと活動を続けています。貧困の人々はお金がないから病院へ行けないと諦め、自分から訴える術を持たず我慢していることが多々あります。(我慢させられている多くは訴えの少ない子供・赤ちゃんたちです)我慢するがゆえに治癒の時期を逃し、慢性化したり生命を失ったりもします。それも含め運命というのかもしれませんが、その人と出会いがあって、私にできることがあるならやりたいと思います。巡回に出ると周囲の人が「あそこに病人がいる、痩せている子がいる」と教えてくれます。その子供たちが元気になり、笑顔になっているのを見ると、どうやればこれを続けていけるのか?これを広げていけるのか?を考えます。いまだに目の前の患者やお産に追われ、その明確な答えは見えていません。関われば確実に変わる。治るのか、楽になるのか、結果の種類は色々です。でも、苦しみの現状からは多少なりとも緩むことができるように感じています。

反対にここの人たちの生命力の強さや伝統医療の効果なども、度々ここでは感じることができます。同じ人間でありながら、違う強さを持った人々。彼らから学ぶことが私はたくさんあります。これをどうシェアすることができるのか?やはりまずお伝えすることだろうと思い、長くなりましたがいくつかの経験を書かせていただきました。自然なものの力、それは私自身がすでに失っている力だから余計興味深いのかもしれません。

毎回、報告書が遅れること、これ以外のお礼が今年度一切申し上げられていないこと、本当にすいません。ここで患者さんや回復する子供たちと関われること、本当に皆様のご支援のおかげです。
心より深く感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です