フィリピン旅行記その6

「イフガオの道は悪い」という話を、以前に冨田さんから伺っていました。今回の訪問中にもあちこちでコンクリート舗装の工事中でしたし、一部では土砂崩れが起こっていて、重機がその土砂を取り除いている現場もありました。山頂までほぼすべてが棚田、という環境は水が充分にあることが成立の条件の一つとして挙げられますが、つまりは、かなりの頻度で乾期であっても雨が降る、ということになります。そのような所に、山の斜面を削って道を作っているわけで、やはり土砂崩れの場所は、多くの場合、道路、になります。その道路ですが、かつては舗装もされない土の道だったのだそうです。今回も土砂崩れの場所であったり、舗装工事の途中である場所でそうした土の道に入りましたが、特に雨が降るとぬかるみや泥にまみれる形になります。たしかに道は悪く、車のスピードもなかなか出せませんし、車が前後左右に揺れる原因になります。

一方で、舗装してしまえば、その場所は快適に走ることができますが、実は別の問題もあるのだそうです。今までは土の道でしたから、土砂で道が埋まったら、その上を平坦にすることで、道が使えるようになりましたが、今は、舗装のある高さまで、全ての土砂を取り除かねばなりません。取り除いた土砂は…わざわざ輸送費をかけて遠くに運ぶわけにもいきませんので、その場から谷底に向けて廃棄されることもしばしば、なのだそうです。どちらの方が環境への影響が大きいのか。難しい問題は、ここにもありました。

観光客としては、舗装された道路がある方が、訪問もしやすいし、中での移動も楽です。ただ、そうした訪問の簡便さが、現地の景観を破壊し、現地の経済を破壊していく、というのであれば、本末転倒です。

とは言っても、じゃあ、道を作るのはやめなさい、と、こうしたことを訪問者が言うのもおかしな話なわけですから、難しい問題です。Ifgao-Road

 

現地の道の一部です。左から「土砂崩れのあった箇所(既に地ならしは終わっているため重機は撤退している)」真ん中「現在舗装工事中の箇所(HITACHIの文字が重機に書いてあります)」右「舗装ほやほやの箇所(コンクリート舗装です)」Ifgao-road-02写真では分かりづらいのですが、かなり急な上り坂です。ここも舗装された道路になっていました。写真左側の斜面から、やはりここも土が少量崩れていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です