クリニック今昔

クリニックの昔の写真は、実は、そんなに残っていない、のだそうです。

一番最初、本当に「さんびきのこぶた」に出てくる「わらの家」の雰囲気だったそうですが、今でも、クリニックの中に、その時の写真が一枚、飾ってあります。

2014年の訪問の時までは、クリニックの建物は平屋でした。「こんど、大きな支援が入って、二階建てに建て替えることになったんです」と伺ったこともあり、昨年の訪問の時には平屋の建物の写真を撮っていました。

 

old-clinic-2014-02

奥に見える建物がウィッシュハウスの建物です。

 

 

Old clinic-2014-03
これも最初期のクリニックに比べたら「立派な」建物になっているのです。ちょうど「さんびきのこぶた」で言うなら、木の家、の雰囲気なのだと思います。

Old-clinic-2014-01 
健康についての色々な注意書きが入口に貼ってありました。それらの多くは、今でもそのまま残っていましたが、それに加えて新しく描かれたものも出ていました。時代とともに、気をつけるべき物事が増えていたりしますので…。

 

お産が重なると、狭い部屋に妊婦さんとその家族がひしめき合っていること、クリニックに来た人が、お産の部屋の横をうろうろするようになること、産婦さんのプライバシーが守りづらいこと。

そして、同じ場所にあると、クリニックの様々な物が、しばしばなくなってゆくこと。

同じ敷地に、二階建てにすれば、産婦さんたちのプライバシーは守れるし、クリニックのセキュリティも守れるようになります。

Clinic-00

新しい建物は、真っ白で、表に階段、裏にスロープがついています。車椅子で受診された方もありました。

白く、きれいな建物になりましたので、どうしても眼を惹きます。

これだけ立派な建物を建てられるということは、周辺の人達からすると「ふんだんにお金があるんだろう」という理解にしかならないので、建築の最中もいろいろな理屈をつけて「ここに建物を造りたいなら、お金をくれ」というような話もあったようでした。

そして、分娩についても、国家の管理が入りはじめています。

妊婦健診を受けていなければ、分娩が出来ない、とか、その一方で、自宅での分娩を禁じるとか、禁じないとか。

冨田さんのクリニックにも、そのような規制がかかる可能性もあります。なにしろ、現地での厳密な法律を適応すると「無免許」「無許可」での臨床です。でも、ここで看られないと言ったなら、その人たちはいき場所がない。

目の前にいる、苦しんでいる人に何かしてあげたい、こうすれば何とかなるかも知れない、という思いこそが医療の原点なのではないか、と、このクリニックに来る方々を見ながら、冨田さんの、そういった病気や怪我の人との関わりを見ながら、思います。

あまりに豊かに、複雑になってしまった日本では見えづらくなった、素朴な原点ですが、人が自分の力のギリギリで生きている、ということは、やはりそれだけで色々なことを考えるきっかけを与えてくれます。

Clinic-01
クリニックの臨床の風景です。現地に持ち込みの支援物資である木製のベッドですが、これが、診察台になります。基本的には、身体に触れることからはじまります。

Clinic-02
今回来て頂いたチャネラーさんにヒーリングをしていただいているところです。
簡単に麻酔がかけられるわけではありませんし、検査ができる環境でもありませんから、手術をしたり、薬を処方したりすることができる環境ではありません。人の体に触れて、さすって、こすって、そして食べ物に気をつけて、日々を丁寧に暮らしてゆくこと。
そういう日常の積み重ねが、身体を作ってゆくこと。
だからこその日々の指導なのだと言います。そして、検査では異常がどのくらいあるのか、わかりませんが、来た人が笑顔になって帰ってゆくことが、医療の原点なのだろうな、と改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です